世紀の発見…?(東岩槻店)

こんにちは、塚本です

今回も懲りずに錯視を持ってきました。

名前は知らずともかなり有名な錯視かと思います!

はい、こちらになります。対比効果で良く用いられる図ですね

正式名称はエビングハウス錯視というもので、

同じ大きさの図形でも周りに大きいものがあると小さく、

小さいものに周りに囲まれると大きく見えるという錯視です。

さて、何が世紀の発見なのかと申しますと、

このエビングハウス錯視を用いることで現代社会において

多くの方が願ったことがあるであろう願いが

叶えられる可能性が出てくるのです!

それが”小顔効果”です!!

…勘のいい皆様ならもうご理解頂けているかもしれませんが

顔の周りに大きいものを置くことでエビングハウス錯視によって

顔が小さく見えるというものです

かといって顔より大きいピアスやイヤリングをつけることは

あまりにも非現実的すぎますよね

そこで私が提案させて頂くのは肩回りを鍛えて肩幅を広げ

それによって小顔効果を!というものです。

さて、少しでも気になった方は是非ニスポでトレーニングを!

12+

タグ

2019年7月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:岩槻

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ