Road to Masters Swimming Vol.2

 第2回目のインタビューに答えて頂いた竹内コーチは、日頃アクアビクスインストラクターとしても活躍しています

竹内 コーチ 二スポ・フィットネスクラブ岩槻
       種目:200m自由形(ひみつ)

Q1.FIAマスターズ2009に向けての抱負を教えて下さい。
「挑戦
マスターズ大会への出場には約5年のブランクがあり、エントリー種目を決める際は大変迷いました。「どうせやるなら!!」、自分を追い込まなければ、頑張り抜けない(挫折してしまう)かもしれないという気持ちになり、思い切って200m自由形にエントリーを決めました。久々の大会・長水路・200m種目、不安はありますが、エントリータイムを切ることに挑戦します
Q2.大会に向け、どのようなトレーニングをされているのでしょうか?
 三日坊主で終わらないよう、まずは一週間の中で泳ぐ曜日と時間を設定することにしました。
時間はたっぷり取るのではなく、20~30分程度で週1~2回。あまりがっちり・きっちり決めるのではなく、仕事や体調に合わせて休みこと、そして中断することも、練習のひとつとしていました。
Q3.最後にマスターズ水泳を楽しむ方々にメッセージをお願いします。
 何事も楽しむこと!そして仲間がいること!そのことが大きな力に変わると感じています
 2ヶ月間の中で、幾度となく練習が億劫になることがありました。しかし、同じ大会にエントリーして練習に励んでいる会員の方々が声をかけて下さったり、スタッフ達が一緒に練習してくれたりと、次第に同志であるかのような仲間意識が生まれてきました。練習を開始した頃、同じ大会を目指す会員の方が、「苦しいけど、楽しいよお」と話されていました。その際は「懐かしい感じではあるけど、あの苦しみはイヤだあ」と答えたことを覚えています。しかし、今は…正直ちょっとだけ快感になってきています(笑)
 すべては仲間がいて、仲間と一緒に大笑いしながらも練習ができたからです
みなさんも一緒に頑張ってくれる仲間・応援してくれる仲間を探してみてはいかがでしょうか?

0

タグ

2009年3月4日 | コメント/トラックバック(3) |

カテゴリー:マスターズ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. プルルン より:

    竹内先生、お疲れ様でした!
    大会はいかがでしたか?
    私は、苦しいメニューをこなせたときの達成感がとても心地よく、自分を追い込む練習が大好きです。きついインターバルメニューの時には「え~出来るかなぁ…無理かも…」と不安なりますが、「出来る!出来なくても頑張る!」って、自分で自分を励ましながら泳いでいます。そして、一緒に泳げる仲間がいることが幸せで、素敵な先生方に恵まれて、楽しさを倍増させてくれています。
    これからも、よろしくお願いしますね!

    0
  2. にくにく より:

    お疲れ様でしたー。
    先生方や、他の会員の方たちに励まされて、なんとか、私も泳ぎきってまいりました。(励ますことはほとんど無い。いつも泣き言ばかり。えへっ)
    今回、つくづく思ったことは、大会当日よりも、それに向かって練習する日々が楽しかったってことです。(しんどかったけど。。。)当日は、もういっぱいいっぱいで、楽しむどころじゃない。
    これからも、いっぱい励ましてその気にさせてくださいねー。

    0
  3. プルルンさんへ
    素敵なコメントに感激しました
    私はまだ、プルルンさんのように自分自身をとことん追い込む練習が出来てません。
    でも、練習中のあの苦しさがウソのように感じてしまう練習後の“爽快感!”
    これがクセになってきました(笑)ぜひぜひこれからも苦しく・楽しいトレーニングの時間を、そしてドキドキ・ハラハラするレースをご一緒させてくださいそして仲間の輪を広げていきましょう。毎日ニスポでお待ちしております。
    にくにくさんへ
    書き込み、ありがとうございます大変嬉しかったです
    私も大会までの楽しく充実した日々がたまらなく心地よかったです。(初めての不思議な感覚でした。皆さんのおかげです。)
    これからもマスターズ大会にたくさん参加していきましょうね皆さんでリレーが組めると、きっと楽しいですよねっその時に向けて、一緒にトレーニング頑張りましょ!!
    これからもよろしくお願い致します。

    0


コメントをどうぞ

このページの先頭へ