お家でフィットネス②(東岩槻)

こんにちは。今日は股関節の内旋、外旋ストレッチです。

→お尻の中の小さな筋肉をたくさん動かし、長時間同じ姿勢を取ることで起きる

腰痛の緩和は予防を狙います。今日のターゲットの一つである梨状筋をゆるめると、

腰をトントンたたくより腰のはりが和らぎます。

①床に座り足は肩幅の2倍程度開きます。両腕を後ろへついて身体を支えます。

②ヒザを軽く曲げ両膝を同じ向きになるよう、左右へ倒します。最初は小さくだんだん床へ着くくらいへ。

慣れたらヒザを開いたり閉じたりもします。これを10~20回ゆっくり繰り返します。

③だんだん温まってきたら、脚の動作を止めてお腹や胸を脚に近づけます。

ふとももの外からお尻にかけてじわじわと伸ばしていきましょう。

 

 

いかがでしたか?私は立ち仕事が続いた時や車の運転の後よくやります。

実はぎっくり腰を以前やった時に、水泳の背泳ぎT川選手やバタフライM田選手のトレーナーをしていた方に

このストレッチを進めてもらいました。その後はかなり良くなった気がします。

次回もお楽しみに。

 

ニスポ・フィットネスクラブ東岩槻 山田

5+

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ