さかななのかいるかなのか(仙台南店)

こんばんは!世界一のイケメンゴリラをめざしている山田です。

先日レッスンで、

「バタ足は下にけったほうがいいの?横にけったほうがいいの?」という質問で

「水圧がかかる下のほうに向かって動かしてください」とお答えしたと思います。

そこまではよかったのですが、

「サカナとイルカのキックの違い」の説明間違っていました!

速いスピードの動物はダウンビート・・・ではありませんでした!

 

 

 

 

答えから言いますと、

水中で生活していた⇒横へくねくね

元もと陸上で生活 ⇒縦へくねくね

がそれぞれ得意、ということだけなんだそうです。

イルカは先祖をたどれば陸上生活の動物なので

猫や犬のように縦に体を振る泳ぎ方なんだそうです。

だから人間も手足を前後にふる動作を背骨でコントロールしているので、

ドルフィンキックのほうが進みやすいみたい・・・・です。

 

 

 

 

↑親近感のわく骨格ですなあ!

世界最速の水中生物「バショウカジキ」(なんと秒速38m!!)の泳ぎはうらやましいですが出来ないようです。

 

 

 

 

 

でもたまに小さな子どもがクロールを泳ぐとハイハイのような横の動きしてるのを見ます。

ひょっとしていつかできるのかな・・・?

涼しげな画像とともにキックを考える時間でした!

山田 暁彦

1+

タグ

2015年7月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仙台南

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ