2012秋のバスハイク 仙台南

皆さんこんにちは。仙台では紅葉の深まりとともに、秋の気配を感じる日々が続いています。
爽やかな秋晴れの10月14日(日)仙台南支部では、山形県に秋のバスハイクに行ってきました。
内容は「アスレチックで遊ぼう」「芋煮・ぶどう狩りを楽しもう」「博物館見学」の3本立てです。
毎回人気のあるバスハイクで、今回も申し込み初日で定員となりました。
芋煮ってどんな料理なの?と疑問に感じる方もいると思うので、少し説明させていただきます。
さといも・牛肉・ねぎ・こんにゃくといった食材が入っていて、醤油ベースのお汁でいただく料理です。
山形では秋になると、家族や友人と川原で大きな鍋を囲んで食べる習慣があります。
また、山形の河川敷で6mもする大きな鍋で作って振舞われる、「芋煮フェスティバル」というイベントも開催されます。

さて、当日は楽しみな気持ちの表れなのか、みんな集合時間より早く集まってくれました。
「いってきまーす」の元気な挨拶をして、1号車2号車に分かれて乗り込み、さあ出発!!
バスの中では、コーチ紹介やなぞなぞ、ビンゴゲームで大盛り上がり。
そうしているうちに、あっとゆう間に西蔵王公園に到着。
遊び時間スタートの合図とともに広い公園の中を走り出すみんな。
ながーい滑り台を何回も滑る子や、くもの巣ネットを下の方からチャレンジする子、思いっきり遊びました。

そろそろお昼の時間ということで、まだ遊びたい気持ちを抑えて、芋煮とぶどう狩りをする高橋フルーツランドへ移動しました。
ビニールハウスに入った途端、みんなはたくさんのぶどうに「わぁー、すごい」と驚いた顔をしていました。
芋煮はそのぶどう棚の下で食べました。仙台で作られる芋煮は味噌ベースで豚肉が入っているので、山形風のものを初めて食べる子もいましたが、「おいしーい」の連発。
「お肉が苦手だけどこれなら食べられる」なんて話してくれた子もいました。
おかわり自由だったので、みんなたくさんおかわりしていました。
低学年の子もおかわりしていたので、コーチたちもその姿にはビックリ!
デザートはぶどうの食べ放題!
マスカットとスチューベンの2種類あり、棚になっているぶどうを自分ではさみを使い手を思いっきり伸ばしてとっていました。
仙台南バスハイク ぶどう狩り

みんなは大きいものを選んだり、「両方とも食べるぞー」とまだまだ食欲たっぷりな様子。
1粒食べてみると「あまーい」もぎたてはこんなにも甘いものかと、驚きました。

まだまだゆっくり食べていたい所ですが、そろそろ県立博物館に移動する時間となってしまいました。
博物館では化石を見たり、解説員のお姉さんの説明を聞いたり質問したり、みんなは興味津々でした。
1日たくさん遊んでおいしい秋の味覚も楽しめたバスハイクとなりました。
バスハイクは春と秋の年2回計画しています。次回はどこに行くかお楽しみに~。
また、11月にはクラブ記録会&水中運動会、12月にはクリスマス会を予定しています。
そちらもたくさんの参加お待ちしています。
仙台南 フルーツランド集合

仙台南バスハイク 西蔵王公園

仙台南フロント 川井

0

タグ

2012年10月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント 仙台南

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ