夏の泳ぎ方(仙台南店)

こんばんは

好きな言葉は「貯筋」 山田です。

そろそろ「残暑」になってきましたね

ここ東北仙台もプール環境は夏真っ盛りで

元気に泳ぎたくても体にだるさを感じることがあるのでは???

そんなみなさんにこんな時季の泳ぎ方を提案してみたいと思います

①惰性で泳ぐ

自転車・車・船と同じく泳ぐ私たち人間も「慣性の法則」が働きます。

一度進み始めたらすぐに止まらず、しばらくすいーーーーっと進みます

いつもよりゆったり動いて前に手を伸ばして「おやすみ」しましょう。すごく進みます

②上体をしずめる

慣性が働きやすい形を作ります。

もうひとつは上体が反らない形になるので、ぐるぐる回りやすい形に

冷房でがちがちになった肩がすっきりするかも

③いつもよりゆっくり

プールに入る前から体温が高く、脈も速いです。

一生懸命やりすぎてもいつものようなパフォーマンスでは泳げません。

ここは冷静に。トレーニングはほどほどに、テクニックを磨く時間にしましょう。

まずはテンポをゆったりと

いかがでしょうか?

来たるニスポマスターズまで体調を整えつつトレーニングです

山田暁彦

↓実は人間より速く泳ぐシロクマ

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar

タグ

2015年8月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仙台南

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ