中殿筋をきたえてバタ足美人に(仙台南店)

こんばんは 夜はフルーツと炭酸水でやり過ごす、体内フルーツポンチ山田です

筋トレ特集第2弾で今日は体幹と「おしりの外側」をトレーニングしたいと思います

お尻の外側は「中殿筋」「深層外旋6筋」などが主に働きます。

特に中殿筋は骨盤を安定させ、腰の高さを維持してくれるので、トレーニングをすると

・肩こりや腰のこり(片側だけのもの)の緩和

・お尻が小さく見えるような引き締まり方をする

☆バタ足(特にアップキック)がうまく動く

などの効果が期待できます。

①プローンブリッジ

 肘立ちで足はつま先立ち かかと~ひざのウラ~おしり~背骨~頭

と一直線にする。

お腹を縦長に伸ばしながら、左右のお尻を内側に締めるイメージ。

かかとをつける。

10秒×3セット

②アブダクション

 ①の姿勢から片足を上げて外側⇔内側と動かす。

まずは5往復×両足

両肩&骨盤の左右の高さが一緒になるようにする。

 

 

いかがでしょうか?

ぜひおためしあれ!

山田 暁彦

1+

タグ

2015年10月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仙台南

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ