経過を見ずに判断すると…(東岩槻店)

こんにちは、甘いものには目がない塚本です

さて、前回の予告通り錯視のPart2になります。

 

 

はい、こちらでございます。

Aからスタートして直線を引いたとき、

終着点はBとCどちらになるでしょう?

という画像になります。

画像だけ見るとBにつながっているように見えませか?

では、定規や紙を近づけてみてください!

そうです、Cと繋がっているんです。

この錯視は「ポッゲンドルフ錯視」という名前が付いているそうで

斜線を引きその中間を図形で隠すと

斜線の始まりと終わりがずれて見えるという現象だそうです

物事のさわりだけをみて過程を知らずに判断すると

誤った結論を導いてしまうようなものかもしれませんね…

次回予告です。キーワードは「カニピッツァ」です。

 

10+

タグ

2019年6月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他 岩槻

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ