4・1(東岩槻店)

こんにちは!

福谷です。

令和ですね!…と書きたいところなのですが、皆さん書かれているので、私はあえて書きません笑。

さて、今日は先日話題になった疑問なのですが、

4月1日生まれはなぜ上の学年の扱いになるのか?

今までも疑問に思いながら、調べることはなかったので、ここは1発調べてみよう!と思い立ち笑、

調べてみました。

 

すると、「年齢計算ニ関スル法律」と「民法第143条」に、誕生日の前日が終了するとき(24時)に年をひとつとると書かれています。

つまり、4月1日生まれの人は、法律上では3月31日(の、24時)に年を取っているということになります。

なるほどですね!

 

…でも、なぜこのようなことにする必要があるのでしょうか。

…答えは2月29日生まれの人への配慮です。

年を重ねるタイミングを「当日の0時」にしてしまうと、法律上2月29日生まれの人は4年に1回しか年を取らないことになってしまいますが、

「誕生日の前日が終了する24時」にしておくと、毎年2月28日の24時にきっちり年をとっていく計算になります。

 

0時と24時を言い換えただけ?とも思ってしまいますが笑、これで2月29日生まれの人も安心ですね!

頭の片隅に留めておいてください。

東岩槻店 福谷

12+

タグ

2019年5月5日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:岩槻

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. かこ より:

    なるほど!わかりました! 何の疑問も持たずボーッと生きて来ましたが解りました! それにしても福谷コーチは疑問を調べるって偉い!すごーい!感心しています~!!!

    0


コメントをどうぞ

このページの先頭へ