競泳プール豆知識(仙台南店)

こんにちは!

福谷です。

先日、日本選手権が愛知県日本ガイシアリーナで開催されました。

そのことを成人会員の方と話していたときに出た話題なのですが…

競泳用長水路プール(長水路=50mプール⇔短水路=25mプール)は、実は50mではなく、

50m2cmで設計されています。

有名な長水路プールといえば、東京辰巳国際水泳場や、千葉県国際総合水泳場などがありますが、

この2cmとは、プールの両側に設置するタッチ板のためのものです。

タッチ板とは、触ると電光掲示板にタイムが表示されるものです。

 

 

 

 

 

 

←これです。

 

 

両側に1cmずつの厚み、あわせて2cmです。

私は前から知っていましたが、初めて知ったときはなるほど!と思いました。

ちょっとした競泳豆知識でした。

 

仙台南 福谷大地

5+

タグ

2017年4月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仙台南

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ