お家でスイミング♪(仙台南ー12)

こんにちは。仙台南店の中根です。

暖かくなってきましたね!

さて、本日は<背泳ぎの第2弾>として皆様にお伝えしますね。

以前『仙台南店-4』で背泳ぎの第1弾をお届けしました。

もし忘れてしまっていたり見逃していた方は前に戻って見てください!

今日は背泳ぎの水中での腕の通り道(軌道)についてです。

背泳ぎの水の中の動きで気をつけてほしいポイントは1つ。

<腕は体の真横を通る!>です。

上の写真を見るとちゃんと体の横を腕が通っていますよね。

体の真横で水をかくと力が入りやすいんです。

なのでスピードが出るんですよ!

お家の人に見てもらいながら練習してみてください!

 

仙台南店 中根彰宏

 

6+

タグ

今月の諸届けの締切は3月25日(水)となります。翌月の月会費にも影響する場合がございますので期限までのご提出をお願い致します。

0

タグ

お家でスイミング♪(元住吉-10)

こんにちは!

お家でスイミング♪初投稿の元住吉支部の小川です。

「お家でスイミング♪-パート10」をお届けします。

 

今日は、先日高田コーチが投稿していた【ひこうき体幹トレーニング!】を使って

平泳ぎのタイミングを掴むトレーニングの紹介です。

 

1.床の上でうつぶせに寝ます。

そこから両手と両足を同時に持ち上げ、肘や膝まっすぐにしてそのままキープしてみましょう。

 

2.手を開いて閉じます。

この動作は平泳ぎでいうと、【プル】になります。

(プル=手の動作)

 

 

 

3.足を開いて閉じます。

こちらの動作は平泳ぎでいうと、【キック】になります。

 

 

 

4.最後に手足をまっすぐ伸ばして1番最初の形に戻ります。

この形は【伸び】です。

 

 

【伸び】→【プル】→【キック】→【伸び】

これが平泳ぎの動作です。

 

≪ポイント①≫ 足よりも手を先に動かそう!

平泳ぎは、4泳法の中で”唯一”手から先に動かして泳がなければならないルールがあります。

なので、手→足の順番に動かしてそれを覚えておけば

実際にプールで平泳ぎを泳ぐ時に、ばっちりなタイミングで泳げるようになります。

 

≪ポイント②≫ 必ず伸びる時間を作ろう!

先程も言った、【伸び】→【プル】→【キック】→【伸び】これが平泳ぎの模範的な形です。

【プル】と【キック】だけでガチャガチャな平泳ぎを泳いでしまうと、

なかなか前に進まず、上手な平泳ぎに見えません。

【プル】→【キック】の前後にまっすぐな姿勢でしっかり【伸び】をすることによって

前に進む力が増し、とても上手な平泳ぎに見えます。

 

 

一般的に4泳法の中で泳ぐ時間が一番かかってしまう平泳ぎ。

水中での練習だけでなく、お家でも練習をしてタイムを縮めよう!!

 

元住吉支部  小川 大輝

 

 

 

 

2+

タグ

4月~6月の練習カレンダーをお配りしています。

GW期間中など変則的な日程がありますので、練習にお越しの際は充分ご注意ください。

0

タグ

2020年3月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:岩槻-お知らせ

今月の諸届け締め切りは、3月28日(土)となります。

なお、3月の休会につきましては、3月中に1度も来館されていない方は

3月28日(土)までのお手続きで3月の休会が可能です。

期日までのご提出をお願いいたします。

0

タグ

2020年3月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:岩槻-お知らせ

このページの先頭へ